弱虫ペダルの人気の理由

なぜ人気なのか?

  1. 名前:匿名 ID:aaf345240 返信

    一番の理由はスポーツ漫画だからではないでしょうか。

    野球、サッカー、バスケなどの従来の球技スポーツにはフォーカスが当たりすぎてやや飽和状態。

    展開もなんかみたことがあるような展開ばかりで読者の目が肥えてしまった。人気も過去の作品を越えるものが生まれない。

    そこで最近はサイクリングがブームであったりして競技人口とまではいかないものの愛好家が増えてきていますよね。

    主人公も決してスポーツ万能というキャラクターではなく、どちらかと言えばスポーツはできない控え目でどちらかと言えばオタク的要素が強いです。クラスに一人はいるよな、こんな奴的なキャラクターという感じで導入を掴み、脇を固める甘口、辛口、渋めと様々な魅力をもった人物が登場し人気なのではないでしょうか。

    サイクリングブームだし読んでみたら面白かったなどの相乗効果で人気なんだと思います。

  2. 名前:匿名 ID:aaf345240 返信

    昔から少年漫画の王道が才能のある主人公が冒険したり、スポーツで目立っていく物語が人気なもの。

    今は弱虫ペダルのように冴えない、目立たない、オタク、うじうじと何ともモブキャラっぽい坂道くんが主人公として頑張っている姿が胸を打つ漫画だと思います。

    主人公の普通っぽい、なんなら普通より地味なところに多くの人の共感を得ることが出来ている点が人気の一つではないでしょうか。草食系男子が増えている中現在の少年、青年たちを奮い立たせる漫画のような気がします。

    また、登場人物の個性が強く、みな才能があるわけでなく努力型も多くそこの点も共感でる部分ではないかと思います。

    男性だけでなく女性にも人気があるのはイケメンからオタクキャラまで数多くそろっているので、私は○○が好き!といった女子目線で楽しめる要素があるところが女性層をもとりこみ人気に拍車をかけていると思います。

  3. 名前:匿名 ID:aaf345240 返信

    弱虫ペダルが人気のワケはズバリ、「主人公がオタクだから」という点ではないかと思います。

    他のスポーツ漫画は大抵主人公が稀代の天才だったり、バリバリの実力を持ってるキャリア組だったりしますが、弱虫ペダルの場合主人公の小野田坂道が「オタク」という点からファンが親しみを持ちやすいのではないかと思います。

    また、チームメイトやライバルを素直に「すごい」といえる点や、仲間(オタクとしての)を見つけた時に目を輝かせるシーンなど、思わずやってしまう「あるある」シーンがあるのも人気の秘密かなと。

    手嶋先輩や荒北先輩が人気キャラクターである点を考えても、今のファンには「天才」「イケメン」よりも「ちょっと平凡」「ワルかった過去がある」ようなキャラクターの方が親近感を持てるのかもしれません。

  4. 名前:匿名 ID:aaf345240 返信

    自分はロードバイク等の知識は全くないので、専門的なことはわからなかったですがとても面白かったです。

    人気の理由は、やはりテンポよく進むストーリーとキャラの濃さではないでしょうか。ストーリーはオタクが頑張るスポ根モノで割とよくあるタイプの題材だと思われますが、話の作り方が上手く序盤から引き込まれます。

    キャラクターは、一見かなりひ弱そうに見える主人公も、自身の体力、根性だけで他の選手を圧倒するなど見ていて爽快感がありました。

    また他の登場キャラクターで、とてっもインパクトの強い見た目の子がいました。自分はそのキャラをネット上で見つけて、弱虫ペダルに興味をもったクチです。

    また、自分は男性なのでわかりませんがこの漫画のキャラは女性ウケがかなりいいみたいです。

  5. 名前:匿名 ID:aaf345240 返信

    主人公の坂道くんがとっても一途!一見どこにでもいるオタク少年なんですが、ひょんなことから自転車と出会ってその才能をどんどん開花させていくとで、ちょっとオタクでダメな人を惹き込む力があるんだと思います!私がそうでした。

    自転車競技ってどんなものかよく知らない人がほとんどだと思います。私も全く知らなかった!

    自転車をただレースのように漕いで早ければかちなんでしょ!?って程度でした。
    単純に言えばそうだけど、レース中には仲間を見捨てたりと過酷なシーンがあったりして意外な展開に思わず釘付けになっちゃいます。

    キャラの個性も強くて、めっちゃ早いデブや自分の筋肉に名前をつけたりするキャラなど面白いです。

    主人公の坂道くんも歌いながら自転車を漕いだりと可愛い一面があって、世界観も人物も好きになれます。

  6. 名前:匿名 ID:aaf345240 返信

    漫画はインターハイ最後まで読んでます。

    物語は自転車競技という題材でありながら、喜びは分かち合い辛い時は共に助けあうような、スポコンの王道のような面白さがあります。ここまでは他のスポーツ漫画と同じかもしれません。

    弱虫ペダルが人気なのは、キャラクター一人一人が立っていること、さらにはしっかりとした人間味を持っていることではないでしょうか。

    レースの途中で随所に入る回想で、その人物の過去や抱えているモノ、心情が明かされます。それは主人公の所属するメンバー達だけでなく、ライバル校のキャラクターだったり。様々な葛藤や繋がり、思いが描かれていて、私自身と共感出来る場面や涙無しではいられない話もありました。

    これだけ人物像を描けるのは、作者がとても長い間、漫画を描き続けていたからだと思います。なかなか人気の漫画が世に出せず、何度も連載を打ち切られた経験を経てきたからこそ、読み手の心を動かせる作品になっているのではないかと私は思いました。

    それから私は男性なので詳しくは分かりませんが、登場人物がほぼ男子高校生なので、女子受けがいいとも聞いたことがあります。

投稿欄を開く